職場を選ぶ際に…

医療事務として働ける場所を選ぶ際に、どんな所が求人募集しているか確認してみてください。特にどんな職場からの求人が多いのか、ここでチェックできますよ。

医療事務の求人募集が多い職場

no.1

病院

神戸などの多くの病院で医療事務は必要とされていますが、特に総合病院などで、たくさん求人募集の呼びかけをする傾向にあります。その場合、受付業務・会計業務・請求業務と分けて求人募集が行われるため、一般の病院より求人数が多くなっている実情があります。その理由から、1位になっているのでしょうね。

no.2

クリニック

病院より規模の小さい医療機関であるクリニック。そこでも医療事務は必要です。ただ、少人数で様々な業務を行うので、病院より求人募集する人数は少なくなります。

no.3

薬局

病院と薬局は近所にあることが多いですが、薬局は病院やクリニックよりも医療事務の求人は少なくなっていて、ランキング3位になりました。何故なら、年齢関係なく続けられる仕事なので、辞める方が少ないからです。その上、薬局はアットホームな雰囲気で働きやすい場所が多いので、離職する方も少ないのも理由の一つになります。

神戸の医療事務の仕事内容や求人数の多い職場の特徴に迫る

事務員

医療事務という仕事

神戸などの病院や薬局などで受付してくれる方は、医療事務の方々になります。その医療事務の仕事とは、どのようなモノになるのでしょう。それは、受付業務や外来クラークなどがあります。その中の受付業務とは、その名の通り、病院で患者さんの受付を行います。その際に、患者さんの保険証などの情報をカルテに反映させる作業も行うようです。その後、診療費などの計算を行い、会計をして請求手続きをしていきます。この診療費の計算が、医療事務の代表的な業務内容になります。また、医療事務の方は受付以外に、外来クラークと呼ばれる仕事もあるようです。外来クラークは、医療クラークの一つで医師の事務作業をサポートする医師事務作業補助者の別名になります。主な仕事内容は、患者さんを診察室まで案内したりカルテの準備をしたりする仕事になり、診療費の計算業務も一緒に行うようです。他にも検査の案内や次回の診療の予約などの作業を行うことになるでしょう。

メリットの多い医療事務

医療事務は、出産後などの社会復帰がしやすい仕事になるようです。そのため、女性の方が希望することが多くなっています。それに、9時~18時までの正社員の求人もありますが、パートタイムの求人も多く、子供がいるお母さんでも働きやすい仕事になっているようです。その上、医療事務は資格を取得していたら、日本全国どこでも就職しやすい仕事になっていて、その経験や学歴が問われることもないでしょう。また、40代でも50代でも働ける仕事で、年を重ねていても仕事が出来る職業になるようです。そして、正社員に向けてキャリアアップしやすいと医療事務は言われていて、社会経験が少ない新人でもモチベーション次第で正社員になることも可能になっていますよ。

広告募集中